スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした事件。

今日、すっごい久しぶりに、超高速ダッシュしちゃいました
ハアハア ゼイゼイ


何故かというと、うちの2匹がプチ脱走したからです


夕方、息子が公文に行く時間、いつもなら息子を車で送っていくところ今日は天気もよく暖かかったので、犬を散歩がてら歩いて送っていこうと思い、庭に出ていた犬たちを玄関正面のウッドデッキのところに呼びました。

散歩は、もちろん二頭引きはムリなので、今日はICEMANを引いていこうと思い、期待した2匹が詰め寄るところをICEMANのみ家の中に引き入れようとしていました。 
もちろん、SOFYも散歩に出たいので、ICEMANを押しのけようと必死になります。

20cmほど窓をあけ、ICEMANがすり抜けれるようにSOFYを足で抑えながらICEを中へうながします。

そのとき、息子がちょうど玄関の扉を開けっ放しにして待っていました。

私が、あッッ!!危ないから閉めて!ッッッと叫ぶと同時くらいに、ICEMANの足元をくぐってSOFYがササッッっと家の中に入り、そのままダッシュで玄関ドアを突き抜けて外に飛び出していきました。


「ああッッ!!!!

SOFYに一瞬気を取られた隙に、ICEMANも私を突き飛ばしてSOFYの後を追って猛ダッシュで玄関を突き抜けていきました。

あっけにとられてボーっと立ちすくむ息子。

私はその後を急いで追いかけました。 そりゃーもう!すっごいスピードで走り去る犬たちの後を、いまだかつて無いほどの速さで追いかける私。 そのときのタイムを測ってもらっていたら、恐らくオリンピック出場・・・。 

SOFYが路上に飛び出して、対向車がクラクションを鳴らしながらブレーキをかけ、こちらをにらむ運転手を横目にペコリと頭を下げながら駆け抜けます。

ICEMANは、すごい剣幕で追いかける私を振り返っては、大笑いしながら更に遠くに逃げ去ります。

SOFYは、なんとなく私の事を気にしながら、一定の距離を保って逃げます。


「お願いッッ!! SOFY!! 待てェ~ッッッッ!!

2つ目の交差点あたりの角で、SOFYが立ち止まって地面のにおいをかぎ始めました。 すぐにSOFYに追いついて、しっぽをぎゅっと握り、確保!!! やった~ッッ

・・・・そこで、気づきました・・・。 わたしって、バカ??? ・・・・あわてすぎて、手ぶらで追いかけてしまった・・・・

その時、少し先を走っていたICEがこちらを振り返り、SOFYがつかまったのを見て、Uターンして戻ってきました

おお、なんと美しき、師弟愛。。。。。 ・・・ICEMAN、がっちり確保ッッ。

・・・・で? どーすんの、私。 この大型犬2匹

2匹のしっぽを握り締めたまま、しゃがみこんで途方にくれる私に、横を通りかかった車から声をかけてくれる人が。
「あの~、大丈夫ですか?? あそこの角ののワンちゃんたちですよねえ?? 脱走しちゃったんですか? リードとか持ってきてあげましょうか?


ああッッ神様っ 困ってる他人に手を差し伸べてくれるようないい人って、いるんだやっぱり この感謝を忘れませんッッ! アーメン!

結局、息子がたまたま帰ってきた夫に報告して、夫がリードを持って迎えに来てくれて一件落着 声を掛けてくださったいい人にもお詫びをして、2匹は無事、おうちに連れ戻すことが出来ました・・・。 ものの15分くらいの出来事でしたが、わたくし、3歳くらい老けました。

いままでも2回ほど脱走したことはあったけど、2匹同時に脱走は初めてで、パニックになりました
今後二度と起こらないように、気をつけようと思います・・・。 だって、次はもう、に帰ってこないかも・・・。
私が・・・ (夫に殺されるから。)


帰ってから、何事も無かったかのように幸せそうにくつろぐ犬たち・・・

DSCF8920.jpg

DSCF8924.jpg

DSCF8927.jpg

・・・・無邪気なもんだ




気持ちを入れ替えて 話変わって



先日発表された日本アカデミー賞、『告白』、観ました観ました、TUTAYAしてきました
IMG_0001.jpg
日本映画は、興味を持たないと観ない派の私。
『告白』は、賞をとったのもあるけど、もともとは2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作をもとに作られた映画で、本の存在を知っていたし、中島哲也監督の作品『パコと魔法の絵本』も以前観ましたが、絵本の実写みたいな原色映像に引き込まれる面白さで素晴らしかったので、今回の『告白』も、期待大!でした



以下、ネタばれ

松たか子の、淡々とした表情も、時々ゆっくり流れるシーンも、愛する娘を殺されて怒り以外の感情を失った絶望に浸る母親の気持ちがよく現れていたし、無表情がより怖かった。 そもそも教師って(過去私が接触してきた教師像)、生徒とのコミニケーションをあっさりと、流れ作業のように上っ面対応していくイメージなんですけど、それがしっくりくるほどはまり役でした 
内容も良くできていて、面白かったです



まだご覧になっていない方、是非

もう一つ、日本映画でおすすめ。 江口亮介主演 『闇の子どもたち』 です。 テーマの重たい映画でしたが、内容もキャストもよかったです


OL時代に、同期や先輩後輩とよく映画の試写会に行ってました。 最近はどうだかわからないけど、当時は試写会応募に出せば必ず当たっていたんです。 そういう時代だったのかしら・・・

なにせ、大好きな映画に一足早くタダで観れたので、よく応募してました・・・。 懐かしい・・・。 


OL時代といえば、今日、OL時代の友人RISAKOちゃんが、手作り鬼まんじゅうを宅急便で福岡からわざわざ送ってくれました 以前、彼女の作った鬼まんじゅうが彼女のブログに載っていて、あまりに美味しそうだったので、食べたいなァ~ っとおねだりしたら、わっッ!!本当に送ってくれた・・・
IMG_0042.jpg
 
嬉しい。 何が嬉しいって、そう、今日鬼まんじゅうが届く・・・ってことは数日前に、私の事を思って作ってくれて、生ものだからと急いで宅急便で送ってくれた!・・・その気持ちに

最近ちょと落ちていた私の気持ちを、ふんわり幸せに持ち上げてくれました

早速家族で美味しく頂きました。 即完食です ありがとッッ

3月4月あたりの帰名、会えますように・・・・


にほんブログ村 犬ブログ エアデールテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

TERRIER★GARDEN

Author:TERRIER★GARDEN
5歳の息子の誕生日プレゼントには犬を☆と思っていろんな犬種を探していたときでした。あるスーパーの駐車場に停まっていた車の後部座席の窓から、エアデールテリアが顔を出していました。そのあまりのカワイさに瞬殺され、運命を感じ、又その後色々な縁あって、ついに神戸のOさんからドイツ訓練系エアデールのSOFY(ファーストドッグ)を譲ってもらえることになったのです。たちまち家族はエアデール中毒になり、その後夫がドッグショーの道にのめりこみ、2年後には和歌山のIさんからイギリス系エアデールICEMAN(セカンドドッグ)を譲っていただき、更にその1年半後には娘が生まれ、そして更に3匹目のSTELLAを迎えて全部で4人と3匹の大家族に!毎日大変ですが、犬と子供もいい関係で日々エアデールとの生活の素晴らしさや幸せを実感してます♪♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。